余計な費用をかけない最適なリフォームのタイミング

>

意外と知られていないリフォームのタイミング

住宅の寿命

皆さん、住宅の寿命というものを知っているでしょうか?
いわゆる住宅の耐用年数というものです。
もっと平たく言えば、不自由なく住宅を利用できる保証期間でしょうか。

では、不自由なく利用できる保証期間というのがどのくらいかご存知ですか?

人の寿命と同じくらい?
50年はあるんじゃない?

いえいえ、実際はたった30年程度なのです。
どんなに丁寧に暮らしていても、建築した状態で放っておけば家というのは短命です。
しかし、人の一生の中で3軒も家を建てることは難しいと思います。
そこで一般的には、ガタが来てるけど我慢するか、適切なタイミングでリフォームするかの二択が必要になります。

快適に暮らしたいならどちらを選びたいでしょうか?

老朽化のターニングポイント

リフォームは基本修繕です。
どんなものでもダメージが大きければ修繕費用が多くかかるのは必然ですね。
それはリフォームでも同じです。
住宅へのダメージが小さいうちにこまめに修繕するのが一番です。

特に住宅の場合は、10~15年辺りが最も注意すべきターニングポイントと言われています。
理由は、一番劣化の早い水回りに限界が来る時期だからです。
水回りはリフォームの費用も大きいですし、後回しにすればするほど費用がかさみます。

20年を超えた段階でもターニングポイントはあります。
配管など、目に見えない部分の劣化が問題になってくる時期だからです。
このことから、最低20年おきにはリフォームを検討するのが良いと思われます。