余計な費用をかけない最適なリフォームのタイミング

>

定期メンテナンスの重要性

劣化は目に見えないところから

修繕をメインとしたリフォームにおいて、それの最適なタイミングは何と言っても、家が老朽化した時だと言えます。
では、老朽化したことを見極めるにはどうすればいいでしょうか?

天井のシミ?
床の軋み?
水回りの錆?

確かに、これらの目に見えるダメージというのは一つの指標ではあります。
しかし、実際のところ、住宅の老朽化は目に見えないところで発生し、進行しています。

目に見えない配管。
天井裏の小さな雨漏り。
気づかぬ間に進行するアリの浸食。

さすがに土を掘り返したり、天井裏に上ったりして確認することは難しいですよね?
虫歯や重病のように、住宅の老朽化も、早期発見が理想でありながら老朽化のサインは素人目には全く確認できないのです。

定期メンテナンスの重要性

このような場合に利用すべきなのがプロの目で行われる定期的なメンテナンスです。
プロなら素人には分からない住宅の老朽化のサインを見逃さずキャッチしてくれることでしょう。

リフォームレベルに至らない簡単な修繕ですむなら、費用は安く上がりますし、細かく住宅の寿命を延ばすこともできます。
一般的にメンテナンスのタイミングは5年ごとが良いとされています。
別に必ず5年ごとにリフォームが必要となるわけではないので、費用もそれほどかかりません。
時間や手間の観点からも、大がかりなリフォームで一時的に移り住んだりすることを考慮すればはるかに手軽です。

もし、5年ごとにメンテナンスを行う余裕がない場合でも、先ほど言った10~15年、20年以降の老朽化のターニングポイントでのメンテナンスは押さえておくべきでしょう。